【同性愛】G!!!の特徴

ゲイ出会いマッチングサイトで新しい出会いをゲット!

今までゲイの出会いアプリやマッチングアプリはなかなかありませんでした。

そんな中、時代の流れに後押しされて、ゲイ専門マッチングサイト【G!!!】を開設したところ、メールの問い合わせや登録者が急上昇したんです。

ゲイの人達にかなりの需要があり、アクセス急上昇中!

今も日本全国はもちろん、海外のゲイの方の登録が増加中!
評価
評価5
備考
登録無料
18歳未満利用禁止
ハッピーメールの特徴


ハッピーメールの同性愛カテゴリーが人気です!

20代〜30代の比較的若いゲイの登録者が多い印象です!

「ハッピーメール」の同性愛カテゴリーなら充実の検索機能で、あなたの地域で好みのゲイとマッチング可能。

写真を掲載している人が意外と多いので、好きなタイプが簡単に探せます!

スマホ・パソコン全てのデバイスに対応で、LGBTの登録数は、年々増加しています。
評価
評価4
備考
男性:ポイント制
女性:完全無料
18歳未満利用禁止

人気ゲイ出会いアプリ

どうも、27歳の会社員をしているゲイのタナカと申します。
僕は昔からゲイの私は、男性同士の濃ゆい出会いに興味深々だったのですが、周囲にはゲイをカミングアウトできずに付き合ったことのある人はみな女性でした。
同性愛童貞のままついにアラサーゲイになってしまい、今からホモセックスデビューするのも怖いという感情もありました。
そんな悩める青年だったタナカに朗報が。
ネットで同性愛やゲイについて検索していたところ、ゲイ出会いアプリならば周囲に気づかれずにゲイ等の同性愛者と出会えると知りました。
しかも、ゲイ出会い系アプリならば初めての人を優しく受け入れて開発してくれるお兄さんがいるというのです。
長年夢見てきたホモセックスができるかも、期待で胸が一気に膨らみました。
その日のうちにゲイ出会い系に登録。
プロフには「初めての同性愛体験です、どなたかぼくの同性愛童貞を奪ってください」と書き込んでみました。
翌日、ゲイ出会い系サイトを開くとガチムチゲイからメッセージの嵐。
童貞大好きなゲイさんたちが大集合、「僕ってモテるのかも」と勘違いしそうになりました(笑)
その中の一人、タカシさんという男性からのメッセージに心を奪われました。
タカシさんは37歳の男盛り、土木建築業の仕事に従事する男の中の男タイプ。
容姿は僕が憧れる反町隆史さん似のガチムチゲイ。
カッコよすぎる…
こんな素敵なゲイ男性とホモセックスできるなら最高です。
すぐにタカシさんにメッセージを返し、二人で会う約束を取り付けました。
家の近所の公園で待ち合わせをしていると、タカシさんが黒いセダンで迎えにきてくれました。
タカシさんは黒いチノパンにグレーのポロシャツ、派手な格好ではありませんがスタイルが良くてカッコいい。
まさに、オフの日の反町です。
公園に車を停めて他愛もない会話をしていました。
「タナカくんは初めてなんだろ」
「ええ、ちょっと緊張しますね」
「安心してよ、俺にまかせな」
そう言って僕を抱き寄せるタカシさん、ワイルドすぎるよ、カッコイイ。
ハグで終わりかと思いきや、なんとタカシさんは僕のズボンを脱がせはじめたのです。
「タ、タカシさん、ここ駐車場…」
「黙ってな、男なら周りを気にするなよ」
タカシさんの熱を帯びた舌が僕のイチモツに絡みつきます。
玉から亀頭まで一息で舐めあげるタカシさん。
たまらねぇ、僕の口からは早くもあえぎ声が。
「いい反応だぜ、ゲイの俺がホモセックスのよさを教え込んでやる」
タカシさんの濃厚なフェラチオであっという間に僕は果ててしまいました。
「次は俺の番だな」
ぐったりとした僕のことをタカシさんは後部座席に誘います。
ローションをタップリ肛門に塗りこまれました。
「タカシさん車が汚れますよ」
「大丈夫だ、情事の匂いが車に染み込んでいくのがたまんねえんだ」
タカシさんの指が僕の肛門を解きほぐしていきます。
もう僕はされるがまま。
タカシさんは腰を屈めると、四つん這いになった僕にモノをぶちこみました。 
腹の中を火かき棒でかき回されているような熱さ、これがホモセックスか、たまんねえ。
「お、おう、おおおお」
「ンンンんっあ〜」
二人の男の悦楽の声がこだまする社内、濃厚で濃密な官能の時間。
「中に出すぞ」
「きてください」
こうして、僕のはじめてのホモセックスはタカシさんの精液をタップリ肛門内に放出されて終わりました。
「はじめてにしちゃ上出来よ」
タカシさんからも太鼓判をもらい、僕の初めてのゲイ体験は忘れられないものになりました。ゲイ出会いアプリ最高です。

 

 

【意外と簡単】ゲイ出会いアプリでのゲイの口説き方やエッチの誘い方

 

まずは、なんでもいいから目の前にいるゲイ出会いアプリを利用している熟女達を褒めることです!!!

 

嘘でもいいから褒めることです!!!

 

ゲイ達は、日常生活では、ほとんど褒められるという経験をしてませんから、若い人の3倍くらい褒めてあげると劇的に効果があります。

 

そして、エッチへの誘い方は、「ホテルへ行こう」や「家に来ない?」で十分です。これが、なかなか言えない人が多いのです。いやほんとです。これを言えるか言えないかが運命の分かれ道です!!

 

待っていても、自分に自信がない熟女達から誘ってくることはほとんどありません。どんなに見た目が派手でも男から誘わないとだめです。

 

私も、最初は、ドキドキしながら出会い、そして、ホテルに誘ってましたが、意外と簡単に事が運ぶので、びっくりしたくらいです。

 

よく考えてみれば、同性愛者や特にゲイが出会い系で恋人を探そうなんて思っている人は、いないんです。

 

ゲイ出会いサイトを利用している時点で、エッチを意識しているということです。

 

あなたが、勇気をもって、出会い、「誘うか誘わないか」その1点です。

 

ゲイ出会いアプリで1度エッチすれば、セフレにするもよし一夜限りの割り切りの大人の出会いの関係にするもよし。すべては、あなた次第です!!

 

ゲイ出会いアプリ事情

私はゲイが昔から大好きです。まず、少し老けた顔がかわいいのはもちろんですが、全般的に性格が魅力的です。

 

でも、ネットのゲイ出会いアプリには、そんな感じの熟女達がたくさんいます。普通は、会うことになって、見た目よりも老けていると地雷だとかいうわけですが、ゲイ好きの私は、全く逆です。むしろ、写メ交換した時よりも老けていた方がありがたいと言うかうれしいです。

 

根っからのゲイ、年上男好きなんです。だから、ある意味幸せですね!

 

そんな趣味趣向なんで、ゲイ出会いアプリでは、いい思いしています。普通の男から見れば、「あんなおばさんのどこがいいんだ」って感じの女性といつもエッチしています。

 

上記で言ったように出会いサイトのゲイは、エッチまでのハードルが若い娘に比べて格段に低いです。

 

出会いサイトで知り合った男と会うという事は、暗黙了解でエッチ前提なんです。

 

若い男だと、いざホテルに誘うと、「そんなつもりじゃなかった」と言うことが、多々ありますが・・・。出会いサイトのゲイには、それは、ほとんどありません。

 

基本的にいくらお姉ブームと言っても、ゲイ出会いアプリは、圧倒的にM男の登録者の方が多いですから、俗に言う入れ食い状態です。

 

アラフォーでもオネエに見えない有名人

 

アラフィフィーの有名人にも言えることですが、最近のアラフォーオネエ有名人はパッと見ただけだとアラフォーに見えない方が多く、陰では惜しみない努力をされていることでしょう。

 

オネエ好きな男性も多い世の中ですが、あまりの見た目の若さと年齢とのギャップにオネエという言葉さえもあまりシックリこない方が多いと感じられます。

 

私が以前から好きだったアラフォー有名人もオネエにはあまり見えないような可愛い見た目のゲイ男性です。

 

彼女の魅力は何と言っても笑ったときにプックリな頬に現れる笑窪でしょう。

 

逆に言ってしまったら彼女に笑窪がなかったら、そこまで魅力的に見えていただろうかと考えてしまいます。

 

それほどまでに彼女の最大の武器はあの笑顔の中に見える笑窪にあるのではないでしょうか。

 

世間の彼女へのイメージではおっとりした話し方のせいか、のほほんとしていそう、天然ぽいというのが大半だと思いますが、実は酒豪という言葉からもわかるように男っぽく、はっきりした性格のようです。

 

ゲイ出会いアプリは酒豪が多い

オネエやゲイとの出会いに憧れます

 

綺麗なオネエに憧れます。20歳くらいまでは、そうでもありませんでしたが、それ以来、年々男好きになってきました。ゲイに出会いたいと切実に思います。

 

普通の男は、若くて、きれいでスタイルもいい女性に憧れるものですが、、なぜオネエかと聞かれても自分でも説明できません。理屈よりも本能って感じです。

 

女性にも枯れ専といって、年とった男性が好きな人が居るようですが、同じ感覚なんでしょうね。

 

オネエの何とも老いかけた姿、形が本能をくすぐるのです。これが、おばあさんとかにまでなるともうダメなんです。

 

ピークを越えたオネエの悲哀というか・・・。なんとも言葉では、言い表せない感覚です。やはり本能ですね!

 

ネットでは、これからも出会いSNSや出会い掲示板を中心にどんどん同性愛者との出会いの場が広がるでしょう。

 

月日が経てばたつほど、今の10代や20代のネット世代が、オネエになっていきます。彼女達は、ゲイ出会いアプリに抵抗が、ありません。

 

だから、今よりもますますネットのゲイ出会いアプリでいい思いができるんじゃないかと思ってます。

 

自分のゲイ価値を求めて出会いSNSへ

 

実際周りにはパートナーがいながら、ゲイとの出会いを求めて出会いサイトで不倫している人はいます。

 

不倫とゆうのは不貞行為であり、法律に反することなのでいけないことではあります。

 

しかし一定の関係を越えてしまうにはそこでとどまれる人と、越えてしまう人の差はほんの少しだと思います。

 

ゲイ出会いアプリで不倫している人は、自分の価値を求めて不倫する人がいます。

 

毎日の子育て、家事に追われ、旦那も協力してくれない。旦那から労りの言葉もない、感謝もない。むしろもっとこうしろ、しっかりしろとキツイ言葉を浴びる人もいます。

 

そんな中で毎日毎日生活していれば煮詰まり、ストレス発散場所がなくなります。子供がいれば、母親だからとなりがちですが、母親も一人の人間です。

 

それを否定され、感謝されない生活を送っていれば逃げたくもなります。男と出会い、きっかけさえあれば、不倫相手には求められ、女性扱いされて自分の居場所、心の拠り所が出来ます。

 

決していけないことではありますが、旦那次第だと思います。家事も育児も母親任せ、労りの言葉もなし、むしろ暴言を吐く。

 

こういった、一緒にいても男と女の関係にすらないそんな相手といても女性価値、一人の人間価値がなくなります。夫婦はお互いが思いやり、助け合うことで成り立つものです。

 

周りの不倫している人は決して夫婦関係がいいわけではありません。冷め切っているので、熟女出会い系で他の男性で癒されたい。と言っています。

 

私自身は気持ちはわかりますし、旦那が思いやりのない相手だと私もきっかけさえあれば、熟女出会いサイトで一線を越えてしまうと思います。

 

私の旦那はいつも感謝してくれ、子育てにも協力的です。喧嘩もしますが、想いがしっかりお互いありますので、旦那に癒され、私自身の価値を旦那が受け止めて評価してくれるからこそ毎日楽しく生活出来ています。

 

不倫をしてしまい、その相手を本気で好きになったときの代償が怖いので私には出会いサイトでの遊びは、出来ません。

 

もし、本気で好きになってしまったらいろんなトラブルが待ち構えています。

 

自分だけの問題ではない、親や子供まで巻き込んでしまいます。

 

なので、ゲイ出会いアプリで不倫をするならしっかり気持ちはいかないように、割り切れる関係でいれることを前提にしないといけないと思います。不倫とゆうのはただの浮気ではなく周りを巻き込んでしまう、とても大変なことです。

 

不倫している人はバレないように上手いことしていますが、証拠は徹底して人妻や熟女の出会いSNSの割り切った関係を築け、また不倫した理由が旦那とは冷め切ってるとゆうなら、私はありだと思います。

 

ゲイ出会いアプリの不倫

あなたの周りにもうひとつの「女性」という顔を持ち、出会いSNSで不倫をしている女性はいるだろうか?

 

もしかすると、不倫していることを周りが知らないだけで、実際に不倫をしているゲイは以外に多いのかも知れない。

 

簡単に「私、不倫してるのよ」と口にしてしまうことは、旦那の耳に入る確率を自分で上げてしまうようなもの。

 

だから、誰にも言わず自分と相手だけの秘密の時間と空間を楽しむ。また、それが刺激にもなる。

 

結婚して子供が出来、子育てに追われる毎日の中で、気が付けばあっという間に一日、一か月、一年が経ち、またひとつ歳を重ねている。

 

結婚前にしていたおしゃれも、メイクにも無頓着になり、ある日鏡に映った自分を見て「おばさん化」していることを目の当たりにして悲しくなる。

 

ゲイであることに生きがいを感じながらも、「女」である要素が一気に減っている気がしてしまう瞬間。

 

そんなときに、自分のことを「女」として必要としてくれる熟女や人妻好きの男性が現れたら、気持ちでは「イケないこと、ダメなこと」と解かっていても、さて抑制が効くだろうか。
一度だけなら」と甘い誘惑に負けてしまう人妻や熟女もいるかも知れない。

 

結婚したときに、「生涯、この人を愛する」と旦那への愛を誓ったあの日以降、旦那は当時のまま妻を愛し、大事にしてくれているだろうか。何より「女」「女性」として見ていてくれているだろうか。

 

髪を切ったのに気付きもしない、、、、小さな不満が積み重なり、旦那との会話が減っている夫婦も少なからずあるのではないだろうか。

 

そんな不満の毎日の家事への感謝の言葉もない中、自分のことを必要としてくれる、もしかすると肉体的な部分だけで必要とされているかも知れない、と頭では理解しながらも他の男性と知り合い逢瀬を重ねるうちに、忘れていた「女」の部分を思い出し、肌艶がよくなり、身だしなみにも気を付けて綺麗でいたい、と自然に努力するようになる。

 

だから、「私、旦那以外でいい人出来たの」「今、旦那以外で付き合っている人がいるの」と言われなくても、聞かなくても、最近何となく女っぽさが増したと感じさせる人妻はもしかすると、、、と何となく周りは分かったりもする。

 

「ゲイ出会いアプリで、不倫する人妻が多いのは本当か?」と訊かれたのであれば、本当なのかも知れない。

 

ただ、今の生活のリスクを考えて不倫していることを、自ら口外している人妻は少ないと思う。

 

もしかすると、とても真面目に家事、子育てをこなしている人も、「ある特定の男性だけの女性」という顔を持ち、バレないように刺激的な生活を送っているのかも知れない。

 

37歳のゲイと出会いSNSで童貞卒業した話

わたしは30歳のサラリーマンで、ゲイ出会いアプリを利用するまで男性経験がない、いわゆる童貞でした。

 

エッチがしたくてたまらなくて童貞を卒業してやろうと思い、ゲイ出会いアプリを利用することにしました。

 

37歳のゲイがすごい可愛かったので連絡をしてみました。

 

簡単な挨拶から始まり、お互いの趣味とかを話しているうちに会いたいという気持地が強くなり、「会いたいんだけど。こんな自分じゃ嫌だよね。誘ってごめん。」と送ると、みきさんから「すごい低姿勢。可愛い。

 

「いいよ、会おっか」と返信が返ってきて、実際に会うことになりました。

 

距離が少し離れていたので休みの日にデパートで待ち合わせをすることになりました。

 

デパートで待っていると「ピンクのスマホケースのスマホ触ってるのわたしだから声かけて」と連絡がきたので、それらしい人がいたので「みきさんですか?」と声をかけてみると「そうです。○○くん?今日はよろしくね。じゃあ、何する?」

 

「今日はデートなんだから敬語はやめて、みきでいいよ。みんなからはみきちゃんって呼ばれてるからさ。」

 

「じゃあ、みきちゃん・・・」

 

「今まで彼女とかいなかったの?」

 

「いなかったです。」「なんで?」「理系の大学卒業で、今の職場も女性がほとんどいないんで。」

 

「そうなんだ。じゃあ、わたしがいろいろ教えてあげるね。」会話をしていると食事が出てきて、二人でおいしく食べました。

 

食べ終わると「ねえ、もしかして童貞君?」「え・・・そうですけど。いきなりなんですか?」「そうなんだー。わたしとしてみる?」「え、でも会ったばかりですよ。」「もう!この年齢になったらデートした日にエッチするってのはよくあることだよー。」といわれるがままにみきさんの車にのってホテルへ行きました。

 

ラブホテルは始めてですごい緊張しましたが、オネエのみきさんは慣れているようでした。

 

「何?もうたってるの?」といってみきさんはすごい触ってきてさらに大きくなってしまいました。

 

「ねえ、おそわないの?」といってきましたがなかなか勇気が出せず何もしないでいると「じゃあ、まずはフェラからしようか」といってくれてエッチが始まりました。

 

「はじめてだから分からないよね。じゃあわたしがリードしていい?」

 

オネエのみきさんのリードでエッチをしました。コンドームのつけかたも分からないといったときはみきさんは少し呆れ顔になっていましたが優しくそっとつけてくれ、行為が始まりました。
オネエといってもかなり綺麗で可愛い人でしたので、ある意味ブサイクな女で妥協せずに美人さんで童貞を卒業できたのは最高でした。

 

ゲイ出会いアプリのオネエも結構きれいな人が多い印象です!

 

ゲイ出会い系サイトに登録したくなる理由

結婚3年めに夫が浮気をするという話はよく聞くことですが、それは男性だけの話でもないと思います。なぜかというと、女性も結婚していたとしても、浮気したくなる瞬間てあります。

 

特に、子供もできないまま、夫婦として過ごしていると、どうしてもマンネリ化してくるものです。夫から家事について褒められることもなく、夫婦としてはもう空気のような存在となります。

 

デートをしてもときめきもないし、もう相手の良いところも悪いところも知り尽くしているからです。

 

おしゃれをすることもない旦那と一緒にいても、なにもときめきはありません。テレビで、イケメンの若い男性を見たら、ゲイだって素敵だなと思います。

 

あんな人と出会い、つきあえたら、どんなに幸せなのだろうと思うものです。結婚生活は夢のように感じていたけれど、実際は忍耐と我慢でした。

 

毎日同じ生活の繰り返しで、おしゃれでもない旦那の帰りを待ち、料理を作るだけの生活です。それはとてもつまらないものです。

 

まだ、旦那が色々とほめてくれるなら良いのです。でも、釣った魚には餌をやらないといわれますが、本当にそうでした。

 

旦那は、家族サービスもしてくれないし、夜の行為ももうマンネリです。ほとんどセックスをすることもなく、そのまま寝てしまいます。

 

ベッドも一緒に眠らずに、別々の部屋で寝ているのです。そんな中、女としてもう一度愛されたい、このままでいいのだろうかと思います。

 

女として、男性に求められたり、容姿を褒められたりしたいのです。熟女出会い系サイトに登録すれば、体を求めている人がたくさんいます。

 

正直、旦那としかあまり経験がないので、たまには別の人としてみたいなと好奇心も沸きます。その気持ちは男性も同じだと思います。

 

たまには、別の人とゲイ出会いサイトで同性愛者とセックスしてみたいと感じることはあると思うのです。そこには、日常生活の満たされない気持ちとストレス、刺激を求めているからだと思います。

 

男性が風俗に行きたい気持ちと同じように、熟女妻もそう感じているのです。特に、旦那との生活や会話がうまくいっていないと感じるとき、だれかに癒されたいと思います。

 

ゲイ出会い系に登録して、素敵な男性と出会えないだろうか、この人なら満たされない心を満たしてくれるのではないかと考えてしまうのです。

 

ゲイ出会い系で不倫したくなる気持ちは、普段満たされていないからです。家事をしてもほめてもらえない、もう女として終わりなのだと思う瞬間は絶望的です。
このまま女として終わってしまい、おばさんといわれるだけの人生はツライのです。そんなときに、心も体も満たしてくれる男性がゲイ出会いサイトにいれば、そこへ行きたくなるのは普通の心理かと思います。

 

男性がホモの風俗へ出かけたり、他の女性を求めていることと似たようなことです。女性にも性欲はあります。旦那から優しくされていなければ、他の男性に目を向けたくなるものです。

 

ゲイ出会いサイトに登録すれば、良い男性に会えるチャンスは広がります。ツライときには癒されたくて、ついゲイ出会いサイトに登録してしまうのです。


更新履歴